強迫性障害(こだわり症)
強迫性障害(こだわり症)
強迫性障害(こだわり症)の症状
  • ・強迫観念ではある考えが浮かぶとそれが打ち消せなくなる
  • ・強迫行為は強迫観念を打ち消そうとしてさまざまな行動や儀式をしてしまう
  • ・不合理であることは自覚しているがやめられない
  • ・汚れが気になり何回も手洗いを繰り返す
  • ・汚れが気になり何回も手洗いを繰り返す、または、何回もシャワーをあびる
  • ・鍵や水道の栓をしめたかどうかが気になり何回も確認しに戻る
  • ・人を傷つけるのではないか、迷惑をかけているのではないかと必要以上に心配する
  • ・数にこだわる、不吉な数字を避けるために何回も同じことを繰り返すなど縁起をかつぐ

強迫症状が強くなると、不安になるため、その状況を回避するようになります。重度になると、引きこもったり、ごく狭い範囲での生活しか出来なくなります。そのため、さらに社会生活への障害が強くなります。正面から説得しても無駄に終わります。本人自身、強迫行為が無意味であることをよくわかっています。それでもやめられず苦しんでいるのです。

強迫性障害
強迫性障害(こだわり症)の原因

完全癖のある人、潔癖すぎる人がなりやすいといわれています。
また、心理的問題だけではなく、生物学的要因が関係しているものと考えられています。
とくに脳内の伝達物質の一つであるセロトニンが重要な役割をはたしており、セロトニンの作用を調整する薬剤が有効であることが知られています。

強迫性障害(こだわり症)の治療

治療は認知行動療法薬物療法が中心となります

認知療法 強迫をおこすような物の考え方や見方を矯正します。
行動療法 不安を起こすような状態に少しずつ暴露して慣らさせていきます。
薬物療法 不安を軽減する治療薬、SSRIなど抗うつ剤やベンゾジアゼピンなどの抗不安剤が用いられます。
HOME
診療科目 インフォメーション クリニックのご案内
カウンセリングのご案内
院長コラム