社交不安障害(あがり症)
社交不安障害(あがり症)
社交不安障害(あがり症)の症状
  • ・注目される場面で緊張してしまう
  • ・精神的な緊張とともに動悸や息苦しさなどの身体症状を伴う
  • ・苦手な場面を想像しただけで苦しくなる
  • ・そういう状況を避けようとして日常生活に支障が出るようになる
  • ・スピーチを頼まれたがどうしても緊張してしまう
  • ・電話に出るのが怖い
  • ・人前で字を書く時ふるえてしまう
  • ・人と一緒だと食事がのどを通らない
  • ・目上のひとだと話が出来ない
あがっていることを意識すると、さらに苦しくなり症状も強くなります

苦手な場面を想像するだけで症状がでてくることもあります。苦手な場面をむかえることに恐怖をもち、何とか回避しようとする。そのため社会生活にも影響が出てくるようになります。思うような活動が出来なくなったり、引きこもるような状態になったりします。

社交不安障害
社交不安障害(あがり症)の原因

内気や人目を気にするなどの性格の方が多いようです。またきちんとしていて、いい加減にすることが苦手な傾向があります。こういう性格はプラスに評価されることが多いのですが、社交不安障害を抱える方にとっては悩みが深刻です。

社交不安障害(あがり症)の治療

社交不安障害は人に話せない悩みであり自分自身で抱え込んで苦しくなってしまいます。発作をおこす苦しさと、それを避けるための引きこもりが悪循環を起こしている場合が多いのです。
少しでも緊張を減らし、いろいろな場面にチャレンジできるようにする必要があります。

いきなり困難な課題に取り組もうとするのではなく、まずハードルをさげてやさしい課題から始めてそれをクリアしていきます。それに成功したら少しずつレベルをあげてチャレンジします。こうやって自信をつけることにより苦手な状況にも対応することができるようになるのです。

また社交不安障害に有効な薬物もあります。
ベンゾジアゼピン系の精神安定剤、SSRIなどの抗うつ剤が緊張緩和に有効ですし、βブロッカーという心臓の興奮を抑える薬が震えをとめるのに有効です。

薬物ですっかり症状が消失するわけではありませんが、緊張が緩和されることにより苦手な場面に対しても前向きに取り組もうという気力が生まれます。薬物療法を併用することにより治療を成功させることが容易になってきました。

HOME
診療科目 インフォメーション クリニックのご案内
カウンセリングのご案内
院長コラム